fashion 2018年6月15日

新商品入荷してます。フレンチカジュアルなワイドボーダーとか。

少しずつ、新商品が入荷しております。今回は夏に向けてTシャツなどを選んでみましたよ〜。まだ写真を撮っていないので、ウェブショップでの公開は少しお待ちくださいね。

まずは週末のキッチンユノートルでご覧いただければと思います。

 

昨日は少し暑かったので、ワイドボーダーのノースリーブプルオーバーを着ていたのですが、バスク生地という地厚コットンなのにすっきりと腕周りが空いているので、とても涼しくて着心地良かったです〜。

着画撮り忘れた 汗、のでまたあげますね^^

ところで、
服の形や柄や色には「似合う」「似合わない」があると言われますよね?形でいうと有名なのが、”骨格診断”というもの。女性の方は知っている人も多いかも。

ワイドボーダーで地厚コットンって骨格診断でいう私のタイプ(ウェーブタイプに当てはあります)の人には合わないというのが定説ですが、、、そこは色々合わせ方がありましてね。。。

好きな服を着ることは女性にとって(もちろん男性も)楽しみなことの一つですよね!

ボーダーっていうとちまたには細めが多いのですが、このワイドボーダーに惹かれたからには、じゃあどうやって着こなす?どんなスタイルにする?を考えるんです。

 

っていうお話は、おいおいしていこうかと思っています。

 

なまいきシャルロットポスター

画像お借りしました。

シャルロットゲンズブール。何気ないスタイルなのに、かわいいなーーー。

 

バスク生地とは?
セントジェームスでも有名なバスクシャツに使われている厚手コットンでしっかりとした生地。
フランスとスペインの境目あたり「バスク地方」と呼ばれる地域の海で働く、漁師さんのユニフォームとして愛用されていたのがバスクシャツ。しっかりと目の詰まった丈夫な生地のこと。

うちのはセントジェームスではございません。あしからず。王道のシャツは他のところで売ってますからね〜。

 

 

ほかには、レディース、メンズのロゴ入りTシャツになります。またこちらもご紹介しますね!

 

LINEお友だち追加ボタン
YouTubeチャンネル登録ボタン