design-consulting 2018年4月24日

お店にwebサイトって必要?

今、とあるクライアントさまのリニューアルに向けて、webサイトをつくっています。

unautreは、やりたいことやってみよう!のコンセプトの元、いろんな方のデザインサポートをさせていただいております。

その中でも私が主に担当していることの一つがweb、つまりホームページづくり。今ご覧いただいているunautreのサイトやこちらのweb shopも、自分でつくって自分で更新。だから毎日やることいっぱいです 笑。

 

よく、「webサイトって必要なの?」という質問をいただくこともあるのですが、もし事業をやっている方なら、webサイトはあった方がいいと私は思います。

今は一人一台以上のスマホを持つ時代。何か新しいことを知ると同時にネット検索。欲しいものがあったらそこでポチッとすることもあるし、行ってみたいな!と思ったら次の休みに訪れることもありますよね。

また、困ったことや調べたいことはネットで検索すればたいていわかってしまいます。

じゃあ、webサイトを持っていないお店はどうでしょう?そのお店や事業やサービスを必要だと思っている人が探しているのに、webサイトがないことで、そのお店やサービスを知ることはできないかもしれません。

名前だけはわかるんだけど、場所が分からないとか、反対にグーグルマップに載っているから場所はわかるけど、雰囲気もメニューも不明。どんな人なの?何ができるの?

webサイトがあると、そういうことが発信できるんですよね。

そして、あなたが営業していない時間(寝ている時とか)にも、ちゃんとお店番をしてくれます。特に自分のサービスや商品への想いや良さをなかなか言葉にできない。そんな方ほどwebサイトって役に立つと思いますよ。(なぜなら私もそうだから^^)

facebookページがあるからいい。という意見もよく聞きますが、facebookアカウントを持たない人にとっては、とても見づらい。

ですが、webサイトもただあればいいというものでもないな、と最近よく思います。いざ行って見たら全然ちがう感じだった。人も雰囲気も。。苦笑。そんな話も耳にしたりします。反対に、HPで見たより全然いい感じだった。もっとその良さが打ち出してあったらいいのに。という場合もあるかもしれません。

やっぱり、発信する内容はきちんとしたブランディングが重要なんですね。(もちろんunautreではブランディングをした上でのwebサイトづくりをしています。)

私も、このお仕事素敵だな、というクライアントさまのサポートをさせていただく機会が多いので、それがちゃんと伝わるwebサイトを心がけていこうと思っています。

 

LINEお友だち追加ボタン
YouTubeチャンネル登録ボタン