lifeshift 2019年9月20日

信州そばと地産地消のお土産を買う。長野旅行でエシカル消費。

エシカル消費(社会や人のためになる良いお買い物)って難しいと思われがちです。

私もそう思っていました。この記事を書くまでは。

でも、実は日常で実践できることだなーと気づいてから、お買い物をするときに少しずつ意識するようになりました。そしてすでに自分が行っていた行動がエシカル消費だったということも知りました。

例えば、、、

地方に旅行に行くと、必ず食べるのはそこの美味しいもの。地産地消の食べ物をいただきます。

今回の松本旅行では、信州のおそば。私がオーダーしたのは、ゴマとくるみが入ったつけだれでいただくざるそばでした。

そばきりみよ田松本店

少し甘めのタレと、細めでつるっとのどごしの良い信州そばは、歩き疲れた私には最高でのご馳走。その土地のものを味わえるのは、わざわざ旅行に訪れることの醍醐味ですよね。

お土産もこの土地のものがいいから、期間限定りんごのどら焼きを。

開運堂さんのりんごどらやき

老舗のお菓子屋「開運堂」さんの生地・ジャムともに長野県内産にこだわった、りんごどらやきです。出荷が9月下旬までなので、もうそろそろ出荷は終了ですね。季節だけのものって旬を味わえる楽しみがあります。

いつも飲んでる静岡茶ととても合います。

エシカル消費は難しくない。地産地消の食べ物をいただこう。

こちらの記事に載せたお店や商品だけが、おすすめという話ではないんです。今回訪れた長野、松本には美味しいものがいっぱいあります。旅行に行ったら、全国チェーン店ではなくて、その土地のものをいただく、それだけで地産地消のお買い物ができるんですよね。

地産地消のお買い物は、その土地でそばをやりんごを育てている農家さんや、メニューをつくり販売しているお店の生活を支えることに繋がります。誰の手によって作られているのかがわかれば、そこに感謝がうまれます。

「美味しかったよ、どうもありがとう。」私がキッチンユノートルでお客様からいただいている言葉を嬉しく思うように、それが作ってくれている生産者さんにも伝われば良いなと思っています。

最近はこうやって発信することで広めることができますが、まずは地産地消のものを味わうということが、エシカルな行動の第一歩ですよね。

また旅行に行ったら美味しいものを見つけてご紹介したいと思います。

LINEお友だち追加ボタン
YouTubeチャンネル登録ボタン