fashion 2019年8月22日

ファッション選びの失敗。旅や遊びを楽しみたいなら。

佐久島の旅Vlogは、見ていただけましたでしょうか?

とーってもキレイな島で、楽しかったんです!

見てくださった方の中には、じゃあ、なんでもっと楽しそうな顔してないの?とお思いの方ももしかしたらいらっしゃるのでは?

うん、とってもいい島で、楽しかったんですよー。

ですけれども、けれども。。写っている私の顔が若干しょっぱい顔しているのは、ある理由がありまして。

ファッション選びの失敗。

暑かったんですよねー。とっても。暑くて眩しくてというのもあるのですが、そんな日に、この日はちょっとチョイスミスをしてしまいました。

何をチョイスミスしたかというと、この日着ている服(ボトムス)が、まあ着心地が悪くて、ひたすら心地悪かった。

アースカラーでコーデをまとめてみたのですが、この日履いていたボトムスは、セールで買ったばかりの初めて着る服。晴れた日に島を一周自転車で回る(突然決まったこと)なんていう日に何を思ったか、裏地のあるボトムスを履いてしまっていたんです。

それが本当にチョイスミスで、もう、汗で張り付いて、歩くたびに、気持ち悪い。(ああ嫌だ嫌だ、もうこれ脱ぎたい!)

と、声には出していませんが、そんな顔です(言い訳 笑)

旅を楽しむには、ファッションも大事です。

この日は、夏日に、島を自転車で一周するなんて私の中で予定していなかった事態に、服(ボトムス)が対応していませんでした。冷房が効いた中なら全然問題なく快適なボトムスも、猛暑の中では信じられないくらいの心地悪さ。

途中、まだ初めて着た服なのに、ハサミがあったら短パンに切ってしまえ!なーんて本気で思ったくらい。

旅とキレイな景色も思いっきり楽しめないのはつまらないので、アウトドアを楽しむにはファッション(組み合わせとかだけでなく着心地)も大事だなーということに今更ながら気づいた経験でした。

その日のボトムスはチョイスミスをしてしまいましたが、一方この日着ていたトップスはアンライフ でも紹介している、なんども着て自分に馴染んだ快適Tシャツ。

このTシャツのおかげで、全身不快でせっかくの旅気分を台無しにされるということも避けられたという感じです。(多分トップスも不快だったら、もう帰る!と言い出してたかも)

製品染めの優しい色、優しい着心地

この撮影の時にも、着ているのですが、倉敷で製品染めをしたこのTシャツ、はじめは色がいいなーと思っていたのですが、着心地がとても良かった。

アメリカの老舗ブランド「FRUIT OF THE LOOM」

160年以上の歴史を持つ世界有数のベーシックアパレル/アンダーウェアメーカーで現在アメリカ・ケンタッキー州に本拠地を置き、 米国のアンダーウェア、プリント用Tシャツ市場ではTOPブランドとしての地位を確立しています。
古くからアメリカ人のライフスタイルに溶け込み、この果実のロゴを知らないアメリカ人はいないと言われており、国内でもプリントTシャツのボディやアンダーウェアのブランドとして広く知れ渡っています。
またTシャツやアンダーウェア以外にもアメリカを感じる商品を幅広く展開し続けています。

http://www.fruitoftheloomjapan.com

ヘインズは皆さんご存知だと思いますが、ヘインズ並みに米国では有名なブランドです。

色々な服とコーディネート。実は何度もブログに登場してました。

こんなスタイルや、(この写真は初めてですね)

超シンプルなデニムと合わせて

派手なスカートもいけます。

と、密かにいろんなところで着まわしています。

とっても着心地がいいTシャツですが、ブラックを着ている主人いわく、裾のステッチ部分が表に折り曲がってしまうクセがあるみたいです。難点としてはそのくらいかな。

製品染めは一応、色落ちとかあるということで別洗いを推奨しているのですが、私は気にせず他のものと一緒に洗濯機でガシガシ洗っちゃってます。今の所、色落ちも型崩れも特に気にならないかな。まあTシャツはいつかはヨレてくるものですし。

これからもインナーとしても活躍しそうです。

>>倉敷染めの無地Tシャツ-毎日着たくなる着心地-

旅や遊びを楽しむなら、着心地の良いファッションを。

ということで、旅や遊びを楽しむなら、見た目だけじゃなくて、着心地の良いファッションは大事だなーというお話でした。

今回の件でも、私自分が着たいもの=”着心地がいいもの”だと分かったので、アンライフ では、着心地の良さもより考慮してセレクトしていこうと思ってます。

LINEお友だち追加ボタン
YouTubeチャンネル登録ボタン