camera 2019年8月30日

【EOS M6 MarkⅡ新発売!】EOSKissMにも使えるシグマのレンズがEF-Mマウントに登場!!〈デジカメライフ〉

【EOS M6 MarkⅡ新発売!】EOSKissMにも使えるシグマのレンズがEF-Mマウントに登場!!〈デジカメライフ〉

昨日は新発売のEOS90Dについて記事をアップさせていただきました。

今日は新発売のEOS M6 MarkⅡについてお話を、、、したいところですが、詳しくはまたキヤノンの公式ページをご覧いただけたらと思います。

僕が今回EOS M6 MarkⅡについてちょっとお話したいのは、カメラのことよりもレンズのこと。しかもシグマのレンズについてです。(キヤノンさん、ごめんなさい!)

キヤノン公式ページ EOS M6 MarkⅡ

OS M6 MarkⅡはEOS90Dにも勝るとも劣らない最新の技術が搭載された素晴らしいカメラだと思います。その上軽くて使いやすいし。。。EOSKissM持ちの僕としてもミラーレス一眼を始めたい人の選択肢のひとつとしてはおすすめしたいカメラだと思います!ただ、EOSKissMを使っていてちょっと不満に思っていることがあって、それはレンズの選択肢の少なさでした。広角から望遠、明るい単焦点など一通りは揃っているEF-Mマウントなのですが、せっかくのレンズ交換式のカメラの割にはレンズにワクワクすることがあんまりないってのが欠点でした。まー、その分使い勝手が良くてあんまり機械に詳しくないママさんたちには人気だとは思うんですが、、、僕みたいにちょっとこだわりたいメンズも結構な数はいるんじゃないかと思っていた次第です。EOS M6 MarkⅡが新発売されると聞いた時もそんなこんなでちょっと興味は薄かったのですが、ここにきてシグマさんからEF-Mマウントシリーズが登場するとの情報が!!それも僕が欲しいなぁって思っていた明るくて広角なレンズが!!

ということでEOS M6 MarkⅡの新発売記念に、EOSKissMなどEF-Mマウントシリーズをお持ちのみなさまにシグマの新しいEF-Mマウントレンズについてお話したいと思いまーす!!

EF-Mマウントのレンズとは??

カメラの世界はとっても奥が深く、知らない人に説明していくのはとても難しい世界です。EF-Mマウントのレンズとは?と言われてもなんのこっちゃ?って方が多いと思います。ここでは多少カメラの世界に興味がある人向けにご説明させていただきたいと思います。

カメラはたくさんのメーカーから発売されていて、それにくっつくレンズもそれぞれだったりします。キヤノンのカメラにはキヤノンのレンズをみたいに。。。(最近はアダプターを介してその垣根が越えつつありますが、基本はメーカーごとのレンズがあります。)さらに、そのメーカーの中でもセンサーサイズなどによってまた違うというめんどくささ!!まー、これがビジネスの基本なんでしょうがね。^^;

ここではキヤノンについて説明したいと思いますが、主にEFマウントとEF-SマウントとEF-Mマウントの最近新しいRFマウントという4種類のレンズ群がキヤノンでは用意されています。EFマウントはフルサイズ一眼レフ用、RFマウントはフルサイズミラーレス一眼用、EF-SマウントはAPS-Cサイズで一眼レフ用、EF-MマウントはAPS-Cサイズでミラーレス一眼用ということになります。こういったものが各メーカー毎にあるってわけでした、もはやここまでの話で脱落している人もたくさんいると思われるようなめんどくさい構造です。笑

で、今回新発売されたEOS M6 MarkⅡはAPS-Cサイズでミラーレス一眼なのでEF-Mマウントのレンズを使用するってことなんです。分かったかな?とうことで、メーカー自体もレンズを用意することは大変になってくるので仕方ないことなのですが、キヤノンのAPS-Cサイズでミラーレス一眼のシリーズのユーザーは初心者や女性などが多いのでそこまでレンズのニーズもないってことであんまり拡充されてこなかったんだと思いますが、ライバルのSONYがすごい勢いでこのあたりのユーザーを獲得しつつあるのでキヤノンも増やした方がいいんじゃないかなぁーって思っていた矢先にサードパーティーのシグマ社がEF-Mマウントのレンズを出してくるという情報が入ってきたというお話です。(前置きが長くなってしまう。。。^^;)

シグマのEF-M マウント用レンズは16mm、30mm、56mm f/1.4レンズ

EOSKIssMを一年以上使っていますが、ずーっと欲しいと思っているレンズがあります。それは明るくて広角の画角が撮れるレンズです。

EF-Mマウントのレンズは22mmのパンケーキレンズと15-45の標準ズームを持っていますが2つともそこそこのいいレンズで使い勝手はいいのですが、やっぱりもうひとまわりグッとくる写真や映像を欲しいと思ってしまいます。特にボケが少ないように感じているのでF1.4くらいで広角も撮れるレンズがでないかなぁー、でもキヤノンさんからはでないだろうなぁーって思っていたところ、、、シグマさんから16mm、30mm、56mmでf1.4の明るいレンズが登場するとのこと!これは、アリですよ!アリ!!

秋頃に正式に発売とのことでもうすぐちゃんとした情報がアップされてくると思いますが、かなりいいレンズなんじゃないかと思っています。

こちらはSONYのEマウントやマイクロフォーサーズですでに販売されているので、大体の描写が分かります。サンセットスタジオさんで16mmのレンズの映像のレビューがあったので紹介しますね。

写真でも映像でも特別な表現のできるレンズがEF-Mマウントに。。。

今回発売されたEOS M6 MarkⅡは軽くて使い勝手が良くとってもいいカメラ、SONYのα6000シリーズがライバルになってくると思いますがキヤノンのMシリーズはタッチパネルなども扱いやすくデザインもいいと思います。性能もだいぶ向上したのでブロガーやインフルエンサーなどにもとってもおすすめのいいカメラだと思います。EF-Mマウントが今まではネックだったのですがこれからシグマさんとかサードパーティーがどんどん参入してくれたら、一世を風靡したKissシリーズみたいになってくる可能性もあると思いますよ!

新商品がどんどんでてきて、一体どれを選んだらいいんだろうって方はいっぱいいると思います。

僕自身もよく相談を受けたりするのですが、本当にいっぱいあるのでどれをおすすめしたらいいかは正直分かりません。苦笑

でも、大事なことはカメラや写真や映像が好きになることなんじゃないかなぁと思うんです。機能や種類などはもちろん知っておくに越したことはないと思うのですが、足りないなら足りないなりになんとかするのも人間の能力なので、そちらを磨いていけばいいんじゃないかと。。。あとは実機をみて、触って、判断するのが一番だと思っています。慣れない人には怖いかも知れませんが、家電量販店などでいっぱい触ってみてフィーリングはじっくり選ぶのが一番だと思います!

僕は今回の新しいレンズにはすごく興味があるので、出たら実機を見に行って多分買っちゃうんじゃないかと思ってまーす!!

それではみなさまも好きデジカメライフを~!!

LINEお友だち追加ボタン
YouTubeチャンネル登録ボタン