camera 2018年8月28日

カメラ初心者が写真を上手くなりたいと思ったら・・・シリーズ。 vol.4 実践編/ どんなカメラを用意したらいいんだろうか?

カメラ初心者の自分だからこそ感じているアレコレを勝手に語ってるシリーズです。 前回までの3回はカメラ初心者の心構えみたいなことを書かせてもらいました。あんまり肩肘はらずにカメラを好きになっていっぱい写真を撮影してみよう…みたいなお話でした。

カメラ初心者が写真を上手くなりたいと思ったら・・・シリーズ。 vol.3 / カメラをうまくなろうとするよりも人生を楽しむようにしよう!

一眼レフを本格的に初めて約半年、やっぱりカメラのことをアレコレ勉強するよりもどんどん写真を撮っていった方が一番いいと感じています。とはいえ、これからカメラを始めようとしている人はどういったカメラがいいのかは悩むところじゃないかと思います。半年間あれやこれやと悩んである程度これがいいんじゃないかと思った初心者ならではの意見を少し話してみますので、参考にしていただけたら幸いです。

ミラーレス一眼?それとも一眼レフ?それともコンパクトデジカメ?

カメラの種類はいっぱいありますが、初心者のみなさんが選ぶものは大きく分けるとレンズ交換式のものか、一体型のものかというところになると思います。

交換式のものは一眼カメラと呼ばれるもので、一体型のものはコンデジと呼ばれるものになります。コンデジは今スマホのカメラ機能がかなり良くなっているのでシェアがかなり食われちゃったりしていますが、ズーム機能だったり高級コンデジだったりとまた別の魅力があるものもでてきたりして、これはこれでいいカメラなんじゃないかと思います。

意外と高級コンデジが人気になってたりします。

そしてレンズ交換式のカメラですが、こちらも大きく分けると2種類ありまして、一眼レフと呼ばれるものとミラーレス一眼と呼ばれるものに分かれます。これは何が違うかというとカメラの中にレフと呼ばれるミラーがあるかないかの違いです。一眼レフはこのミラーがあってみたままの景色をファインダーから見れます。ミラーレスはその名の通りミラーがないので電子ファインダーで映像として景色を見ることができます。一眼レフは見たままの景色が表現されているのでミラーレスよりもいいと言われてきましたが、最近は技術の進歩が凄まじく電子ファインダーでもかなりの表現ができるようになりました。今後はミラーレスカメラが主役となってくると思われます。

ニコンからフルサイズのミラーレスZ7とZ6が発表されました。ミラーレスが主役の時代が近づいてきています。

フルサイズ?APS-C?センサーサイズはどれがいいの?

カメラを選ぶ上でもう一つ重要なのがセンサーサイズです。これは写真を撮る上でかかせないレンズと密接な関係があるものとなります。

センサーサイズはおもにフルサイズ、APS-Cそしてマイクロフォーサーズなどの規格があります。センサーサイズは大きいほど描写が良く表現されます。APS-Cはフルサイズの40%程度の大きさしかありません。マイクロフォーサーズはそれ以下です。

コンデジはレンズとカメラが一体ですが、レンヌ交換式の一眼はそれぞれ対応のレンズがあったりします。もちろんフルサイズのカメラにはフルサイズ用のレンズが用意されていてその描写は素晴らしいものとなります。APS-Cでもフルサイズ用のレンズは使えますが、拡大されてしまったりと本来の力を表現できるかは微妙になります。とはいえフルサイズのカメラやレンズは高いし重い。そこら辺がまた選択のポイントになってくるでしょう。

それで、どんなカメラがおすすめなの?

で、どんなカメラがおすすめなのかというと、どんなカメラでもいいと思います。笑

それでは答えにならないんじゃないかと思いますのですが、本当のところどんなカメラでもうまくなる人はうまくなるし、そうでない人はそれなりに(なんかそんなCMあったような。笑)なると思います。結局はこのシリーズで言っているようにやる気やその人の気持ちの問題かと思っています。とはいえ、それではブログの意味もないかとも思いますので僕がおすすめしたい最初のカメラは何かと言うと、それは壊れるまで使えるカメラをご提案したいと思います。

壊れるまで使えるカメラってどういうことかと言うと、最初は分からないことだらけなのでとにかくいろんなことをやって知っていってもらいたいと思っているのです。このシリーズでは何度も言っているのですが何事もやってみないと分からないというのがホントのところだと思います。ということはいっぱいやれるカメラを用意した方がいいんじゃないかと。

すごーくいいカメラを買っても使うのがもったいないとか(!?)、逆にチープすぎてあんまり好きになれないカメラとか、やっぱり自分が使っていていいなぁと感じるカメラで、かつあんまり気にせず使い倒せるくらいの金額のものがいいんじゃないかと思ってます。僕はEOS80Dをレンズキットで10万ちょっとで購入したのですが、まぁまぁのお値段なので気に入っていつつ、どこでも持っていけるようなちょうどいい感じのカメラでした。今後1年以上はまだまだ現役で活躍すると思いますのでちょうどいいくらいだと思っています。

カメラバッグトート

ということで答えがあるようなないような感じでしたが、少しは参考になったでしょうか?

できる限り外に出て写真を撮りにいって多くの素敵な場面に出会えることが一番の糧になっていくと思いますので初心者の人たちは写真をいつまでも大好きでいられるような、そんな人生をおくるようになっていただけたらとてもハッピーだと思いますので、自分自身もそんな人生をおくりつつこれからも記事にしていきたいと思います!ではでは。。。

LINEお友だち追加ボタン
YouTubeチャンネル登録ボタン