outdoor 2018年7月30日

マラソンサブ3.5への道。RUN&DREAM鈴鹿8耐決戦編

僕たちが鈴鹿8耐レースでエスパルスドリームレーシング・IAIチームをサポートする理由。それは大きくて安定的で全てに恵まれてるようなところではなく、ちっちゃくていろんなものが不足していて大変なことばかりだけどそこにみんなが一緒になって夢みることができる場所があるから…、このタイトルにもあるように「RUN&DREAM。走ろう、そして夢をかなえよう」という同じ夢を一緒にみているからです。

今 回は文字どおり、4位というプライベートチームでは最高峰のポジションでフィニッシュすることができ、彼らは夢をかなえることができました。Congratulations!

 

ユノートルではエスパルスドリームレーシング・IAIチームの鈴鹿8耐の発信をおこないました。

僕らのお仕事は忙しい彼らの代わりに、エスパルスドリームレーシング・IAIチームを応援してくれる方々などへのリアルタイムの発信やライダーやスタッフたちの頑張ってる姿などを写真や映像などでおさめていくことが中心です。(その他ポスターやTシャツのデザインも。あと雑用も。笑)

エスパルスドリームレーシングのフェイスブックはこちら (週末から発信を担当させていただきました)

今年は自分もいろいろあってお手伝いがなかなかできなかったのですが、当日はなんとか時間を捻出して金曜日から入って現場のリアルタイムな状況をなるべくいっぱいしようと頑張りました!

 

順位をあげていくチーム。リアルに発信していく僕たちも熱が入ります!

予選を6位で通過するだけでもとんでもないkとだったのですが、決勝も順位を少しずつあげていくという展開に!

もちろんそれなりの期待はあったのですが、ライダーたちの調子もいいみたいで順位をまたあげていくという素晴らしい状況に。ライブ発信をフェイスブックで行なっていたのですが写真撮影など少しも休まる時間がありませんでした。笑

これは僕たちにとってもとても嬉しいことで、フェイスブックでの反応もすこぶるいい感じに。レース展開もあいまってみんながリアルで応援してくれました!

 

スタッフたちの頑張りも本当に素晴らしかったです

6位争いから5位争いに、そして4位も見えてきた!ライダーたちだけではなくメカニックなどのスタッフも1分1秒を争ってます!

当たりまえですが、メカニックなどのスタッフたちは僕たちよりももっと早く入っています。そして毎日僕たちよりも早くから働き、夜遅くまで最終調整をしています。鈴鹿8耐はライダーたちだけはなく、彼らも主役の一人です。だから少しでも彼らの姿を発信しようと心がけました。チームのオーナーの生形さんも喜んでくれて、チームに一体感が生まれました。

いい結果をだすということはきっとこういうことなんだろうと感じました。誰か一人だけではなく他の誰かが頑張り、その頑張りがハッピーを生みその次の頑張りにつながる。これは大きな企業や安定しているだけではできないことだろうと思います。このチームに宿った夢をおいかけるという目標がみんなをひとつにまとめました!

 

夢をおいかけることはいくつになってもいい。最後まで諦めずに楽しくハッピーに暮らしていこう!

最終的には4位というワークスたちに肉薄するような成績をおさめました。これはDREAM以外のなにものでもありません。みんな頑張って良かったねー!!

結果がすべてではありませんが、きっと頑張った人にしか与えられないものもあると思います。そして頑張れるには楽しさややりがいのようなものが必要です。夢を自分のアタマで描いて、そしてカタチにしていきましょう!いくつになってもきっと大丈夫です。(生形さんも41歳ですもんね。笑)

ワークスではないプライベートチームが大企業を追い詰めるようなストーリー。とっても心地良かったです(笑)!僕も若干社会からはみでているので(笑)、安定とか失敗しないとかもちょっとは大事ですが、あんまり深刻に考えずに楽しくハッピーに人生をチャレンジしていきましょう!ユノートルはそんな人たちと一緒に楽しく暮らしていきたいのです!今回の鈴鹿8耐で僕たちも勇気をもらいました!みんなも一緒に楽しくチャレンジしていきましょうね!!それではエスパルスドリームレーシング・IAIのスタッフと応援してくれたみなさん、本当におめでとうございました!また来年も一緒に走りましょうね!!

LINEお友だち追加ボタン
YouTubeチャンネル登録ボタン