outdoor 2018年6月13日

マラソンサブ3.5への道。まずは体のメンテナンスから

先日エスパルスドリームレーシングチームの生形英之さんから呼び出しをくらって(笑)、今年の鈴鹿8耐参戦のサポートの打ち合わせをしてきました。バイクレースもかなりの運動能力を使うスポーツなので普段から体力づくりをしっかりとしています。

ということで以前のサッカー大会出場から軽い腰痛で走り始めるのにおっくうになっていたので、そちらの改善もちょっと相談してきました。

フルマラソンサブ3.5への道。つま恋ミニサッカー大会編

まずは体のメンテナンスをしっかりやるところから始めましょう!

 

サブ3.5を目指しているのにいまさらですが(汗)、ここ1年ちょっと体力づくりから遠ざかっていて体幹がかり弱っています。

腰痛を克服するには体の軸をしっかりして、腰回りの筋肉をつけていくことが一番大事とのことでストレッチピールと体幹トレーニングを進めていただきました。

ストレッチポールですが、安いものもいっぱいあるのですがしっかりしたものを使った方がいいとのことでしたよ!

ストレッチポールEX

まずはきちんとした姿勢でこのストレッチポールに寝るところから始めます。まずはこれだけでカラダが正しくリセットされたり、脳がリラックスされたりします。僕もまだ始めて1週間程度ですが、とても気持ちよくなったりします。とはいえこのストレッチポール単体ではあまり意味をなしませんので、このストレッチポールを使って姿勢を正しくしていきましょう!(腰痛がひどい方にはあまりおすすめしません。日頃酷使した腰回りの筋肉をゆるめたり、骨盤や股関節の状態を本来の正しい状態にする作用としてお使いください。)

少し腹筋をしたりと少しずつ負荷をかけていって、体の姿勢を正しくするとともに体幹を鍛えていきましょう。

 

トレーニングは毎日コツコツと続けていくことが一番大事

 

ストレッチポールと一緒に体幹トレーニングも毎日やってくださいとのことでした。

『どれくらいやったらいい?1日3セットくらい?』と確認したところ、『1セットでいいから毎日やってください!』とのことでした。そーですよね!こういった体力トレーニングにかかわらず、毎日ちょっとずつでも続けることが一番大事ですよね!ユノートルの取り組みもまだ始まったばかり!失敗もいろいろありますが、マラソンサブ3.5への取り組みとおんなじように毎日コツコツしっかりすすめていこうと思います!

最初はちょっとでもすぐバテてしまいますが、ルーティーンワークにすることでどんどんラクになっていくはずです!みなさんも一緒にコツコツ頑張っていきましょう!

しまだ大井川マラソンのエントリーはお済みですか?まだの方はこちらまで!

 

LINEお友だち追加ボタン
YouTubeチャンネル登録ボタン