cafe 2018年12月5日

しろかねドーナツに新しい仲間が加わりました!

「しろかねドーナツ」ができたいきさつ

しろかねドーナツは、スイーツとしてというよりも、カフェでコーヒーなどと一緒に
甘すぎないフードとしていただけるものを目指して作りました。

しろかねドーナツについて

小麦粉を使わず、国産米粉で作ったグルテンフリーのプレーンな焼きドーナツです。できるかぎりシンプルに作りました。小腹が空いたときに、コーヒーと一緒に何か食べたいけれど・・というときにちょっとした食事がわりにもなる甘すぎないものをと考えました。一口食べた時の、ふわっと香る米粉の香りが気に入っています。揚げるドーナツも大好きだけど、油いっぱい吸ったものは胃にもたれたりするし、酸化も気になるし。ベーキングパウダーはアルミフリーを使用しています。自分や家族が食べて安心・美味しいと思うものをご提供したいと思ってつくった焼きドーナツです。

 

キッチンユノートルに来てくださったお客さまから、

1つ食べて「美味しかったから、お土産用に3つ頂戴。」

「スープと合うね」「モチっとしているのは何が入ってるの?」

「揚げてないからヘルシーよね」

「お土産でいただいて、美味しかったからお店に来たんです。」

そんなお声をいただくことが嬉しくて、
しろかねドーナツを焼くことは、毎週日曜、朝の私の日課となりました。

 

お茶を使ったドーナツを作ってみよう〜!

島田市(旧金谷)といえば、お茶の産地では全国的にも有名です。
ご近所には茶畑がたくさんあり、お茶農家さんはとっても近い存在。

それもあって、
キッチンユノートルをOPENする前から、いつかお茶に関する商品も作ってみたいな。
と思っていたところ、

地元、島田市大代(おおじろ)産の抹茶とほうじ茶が手に入ったので
グッドタイミング!ということでできたのが、こちらです。

  • しろかねドーナツ(ほうじ茶)
  • しろかねドーナツ(抹茶)

こちらは、しろかねドーナツ、ほうじ茶バージョン。
こうやってみると、チョコドーナツみたいですね^^。

 

もう一つは、抹茶バージョン。

 

プレーンとの違い。お茶の豆腐ドーナツです。

しろかねドーナツは、基本的に米粉を使ったグルテンフリーの焼きドーナツです。

プレーンは、それにおから、麹が加わった発酵ドーナツです。
上記に書いたように、スープと一緒に食べていただけるよう
甘みを抑えめに作ってます。

一方、ほうじ茶と、抹茶はプレーンより甘め。
と言っても有名なミスドさんのドーナツのような甘さはありません。

同じく米粉の焼きドーナツですが、
おからではなく、お豆腐を使っています。

ヘルシーさはそのままに、さらにもちもちっとした食感を楽しんでいただけると思います。

15日からご提供予定です。

今週の日曜、9日に間に合えばどちらかご提供できるかもしれませんが、
15日のジャンボ干支での出店からお出ししたいと思ってます。(もちろん16日の営業も)

いつもと同じく数量限定でご用意していますので、
よろしくお願いします。

そうそう、ジャンボ干支が本日テレビで放映された様子で
すでに賑わいを見せていますね〜。

日曜日のカフェ営業でも、土曜のジャンボ干支でも
地元産のお茶を使ったドーナツ、いろんな方に食べていただけたら嬉しく思います。
ぜひ、ご感想も聞かせてくださいねー。

 

 

LINEお友だち追加ボタン
YouTubeチャンネル登録ボタン