outdoor 2020年3月17日

【キャンプ飯レシピ】フライパン一つでできる魚料理、アクアパッツァの作り方

キャンパーの皆さん、キャンプではいつもご飯は何を作っていますか?

今日は、先日の田貫湖キャンプの夕ご飯でつくった鯵(アジ)のアクアパッツァをご紹介します。

動画はこちら。動画では詳細のレシピを載せられなかったので、ブログで書いていきますね!

アクアパッツァは魚介類を使ったイタリア料理。名前からして難しそうですが、実はとっても簡単なんです。

それと、フライパン一つでできるので、キャンプ向きだと思います。動画で出てくるように、最後にご飯を入れてリゾットにしたり、茹でたパスタを入れても美味しいです。

今回は新鮮な鯵が手に入ったので、頭のついた魚を使いましたが、別のお魚でも、切り身でもつくれますので、ぜひ一度お試しあれ。

キャンプでつくってみた私独自の作り方と、注意書きを★マークで書いてます。よかったら参考にしてください。

【キャンプ飯レシピ】フライパン一つでできる魚料理、アクアパッツァの作り方

材料
(分量はお好み・お手持ちのフライパンに合わせて)

  • 魚(鯵、いさき、たい、たらなど)人数分
  • あさり(砂抜きしたもの)  適宜
  • えび(なくてもOK)    適宜
  • パプリカ(赤や黄色など)  1/2個
  • プチトマト  1/2パック
  • にんにく  1かけ
  • 黒オリーブ(なくてもOK)       適宜
  • 白ワインまたは酒 適宜(材料の8分目位)
  • オリーブオイル 約大さじ1
  • 塩・こしょう 適宜

キャンプ飯:アクアパッツァのレシピ

事前に、魚介類の下処理をします。

頭つきのものは、内臓・鱗・ぜいごなどをとる(スーパーの魚売り場でも頼めばやってくれます。)私は家で下処理したものを持っていきます。

同じく、あさりも水洗い・砂抜きは事前にしておきます。

・・・

1 魚に塩をして10分置いてペーパーでふき取る。(臭みを取るためですが、これ、やらなくても大丈夫でした 笑)

えびは殻・背わたをとって水洗いする。

2 野菜を切る。

パプリカ:ざく切り

プチトマト:ヘタを取って半分切り

にんにく:薄切り

3 にんにく、オリーブオイル(ちょっと多め)をフライパンに入れて、弱火にかける。

★かならず冷めたオイルに入れること。にんにくが焦げないように気をつけて。動画ではこげそうになったので一度にんにくだけ取り出しました。

4 いい香りがしてきたら、魚を入れて、両面を焼きます。

5 軽く焼き色がついたら、一旦火から離します。(焚き火は火力が強いので、すぐこげる!)

6 あさり、えび、パプリカ、プチトマト、黒オリーブを入れる。白ワインを入れます。(ワインの量はだいたい材料の8分目くらい)

 

★私は、白ワインがない時は、というか、飲む用のワインを使うのは勿体なかったので、日本酒を入れて作りました(十分美味しい)。ワインの量が少なかったので、水を足したりしてます。

キャンプでは火加減がつよいので、ちょっと多めの水分でもいいかも。

7 蓋をして中火で煮ます。あさりの殻が開いて、魚とエビの色が変わったら出来上がりです。★蓋はアルミホイルで代用できます。火が通る前に水分が足りなくなったら、ワインか水を少し足して焦げないように。

8 味を見て、塩・こしょうをしてできあがり♪

(彩りにブロッコリー足してます)魚介のダシがいっぱい出てるので、リゾット・パスタもぜひ。

いつも、キャンプではかなり分量は適当です。うちはニンニク好きなので、2かけと多めに入れてます。それでも全然おいしくできちゃうメニューです。

にんにくと塩こしょうだけなのに、魚介のダシが出て美味しいスープができます。

最後に炊いたご飯か、ゆでたパスタを入れるのがおすすめです。魚を頭ごと使った場合は、骨がいっぱいあるので気をつけて!

おすすめは、切り身魚が簡単だと思います~~。

生ワインと一緒にいただきました!

ということで、キャンプでつくるアクアパッツア、事前の下処理と火加減だけ気をつければ簡単なのでぜひつくってみてください。簡単だけどキャンプ飯が豪華になります!

動画はこちらからどうぞ!

LINEお友だち追加ボタン
YouTubeチャンネル登録ボタン