lifeshift 2020年3月26日

【ライフシフト】今までの暮らしや仕事を失うのが不安な人へ。

ライフシフトが必要な時が来た。

2年と少し前、ユノートルが島田市へと移住して取り組み始めた田舎の暮らしは、仕事も暮らしも人間関係も、数年前とはがらっとシフトした生活です。

それがライフシフトという言葉にピッタリ当てはまったので、あえてこのワードを使って、

これからの世の中はライフシフトが必要ですよ!

というのを発信してきました。そして、今まさにそのライフシフトをする時がやってきたと感じています。

いつもYouTubeなどを観てくださる方や、カフェに来てくださる方々からは、羨ましいと言っていただくこともある今の暮らし。ライフシフトをする以前に戻りたいかと聞かれたら、いや、戻りたくない。と断言できます。

でも、数年前、今までの暮らしや仕事を全て失うという事態に陥りそうな時、不安の真っ只中にいた時は、ライフシフト中の今の楽しい暮らしや未来を想像できていたかというと、やっぱりできなかった。

だって、目の前のことで精一杯で、それどころじゃなかったから。持っているものを失ったり、慣れた暮らしから変化することに人間は恐れを持つ性質があります。

だから、不安な気持ちはとてもよく分かります。もちろん私たちにとっても今後世の中がどうなっていくかは見えているわけではありません。

それでも、不安な時にどうしたらいいか、そして今まで積み上げてきたものや暮らしや仕事をたとえ失ったとしても、大きく転換する必要が出たとしても、きっと大丈夫ということだけは信じているのです。

誤解がないようにいうと、「大丈夫」というのは、今まで通り変わらないということではなくて、大変な思いをするかもしれない、悲しいこともあるかもしれない、痛みを伴うかもしれないけれど、その後の未来は明るいということです。

今までの暮らしを失うのが不安な人への対処法。

そんな経験も踏まえて、私が提案する、不安を抱えた時の対処法をいくつかお伝えしようと思います。

1)まずは安心すること。

人間は慌てたり、焦ったり、パニックになってしまうと理性を失ったり、本当はしたくないのに思いもかけない行動を起こしたりします。たとえば、普段は普通の人なのに、品薄のマスク売り場の店員さんに暴言を言うなどの場合です。

私自身は、不安を持ちながら出かけた先で車をぶつけてしまったことがありました。幸い怪我はありませんでしたが、いつもだったら絶対起きないはずのことで、あれ?おかしい、と思った時にはぶつかっていたんです。

不安は不安を呼びます。不安や恐れからの行動は、また同じ気持ちを起こさせる出来事が起きるんです。だから安心するって大事なんです。安心していれば、安心な未来がやってくる。不安を感じた時にこんな方法で対処します。

①深呼吸をする。

お金もかからず、いつでもできること。でも人は焦ったりすると息が詰まった感じになりますよね。そういう時こそ深呼吸。ゆっくりスーハーするだけでかなり落ち着きますよ。呼吸を整えるヨガや瞑想も、いつでもどこでできます。

②お風呂に入る。

温かいお風呂につかると、ホッとしませんか?同じく私はふかふかの布団に入るとホッとします。人によって違うと思いますが、この安心する、ホッとする気持ちになることを、いつものルーティンじゃなくて日常の中で意図的に行動してみてください。好きな飲み物を飲むでもいいです。

③書き出して、手放す。

言葉にするよりも、紙に書くのがおすすめです。A4の裏紙に気にせず書いて破って捨てる。

安心するって難しいことだとは思うんです。やるべきこと、うまくいかないことを目の前にして、安心なんてできるかーー!が本音だと思います。

でもやっぱり、不安は不安になる自体を引き起こして、さらに悪い循環しかうまないんです。だからできる限りの方法で、落ち着いて過ごしませんか。

2)誰かや何かのせいや、自分のせいにしない。

何か辛いことや、嫌なことがあると(今回で言えばコロナウィルスの蔓延によって経済や行動に支障が出ていること)、ついつい私たちは人のせいにしたり、政府のせいにしたり、他国のせいにしたりしてしまいます。

他者のせいにしなかった場合は、あの時ああしていればよかったと、今度は自分のせいにしがちです。

でもね、起きることは必然なんです。遅かれ早かれ、起きるべきことは起きる。誰かを恨んだりしてもそれは全て自分に返ってきます。私も人を恨みそうになったことがありましたが、あれはライフシフトのきっかけとして必要だったんだなーと思うようになりました。

(今書いていて、やっぱりきれいごとかもしれないな〜と。チャンスだったというのはきっと後でわかる事なんだと思います。だから、大変な時は、あいつのせいで!あの国のせいで!と怒りを再起のパワーに変えちゃってもいいのかも。でも向ける方向は間違わないでほしいな。)

一番やってはいけないのが自分を責めること。特に今回のような予想しなかった状況でもあなたは最大限の努力をしているだろうし、決して辛い状況はあなたのせいではない。もしも今まで何もしていなかったことが原因だと感じるのであれば、今からできる限りの事をすればいいと思います。

もしかしたら数年後に、ライフシフトする前の過去を思い出して、あの時はチャンスだったんだと思えるようにこれからを過ごしていきたいですね。

3)シフトしたい未来をイメージする。

先ほど、「不安の真っ只中にいた時は、ライフシフトした後の変化した暮らしや未来を想像できなかった」と書きました。

私たちは割と早く気持ちの転換をして、未来をイメージできたのですが、今となっては、それでももっともっと早くシフトしたい未来はイメージしておけばよかったと思っています。

辛い時こそ、なりたい未来をイメージをする。

本当にこれができるととてもいいと思うのですが、実はかなり難しいですよね。コツは、1)のまず安心する。を先にやること。

1)まずは安心する→ 2)シフトしたい未来をイメージする。

安心して、ホッとしてから、良いイメージをする。

ライフシフトを始めてから、私自身大きな不安を感じることは少なくなりましたが、それでもちょっとしたことが起きた時はいつも、この流れで気持ちをシフトさせています。お風呂に入る時と、ふかふかの布団に包まれるときは心底ホッとします。だから不安を感じたり、物事がうまく進まない時は、私はすぐに布団に入ります。家族からはよく寝るやつだと思われてますけどね 笑。

これからはこういう仕事をしてみたい、こんな暮らしをしてみたい。

私たちは、キャンプ動画やDIY動画の発信を通じてライフシフトした自由な暮らしと楽しい未来をイメージするための手助けとなれば嬉しいので、これからも発信を続けていきます。

きっと大丈夫。素晴らしい未来へ。

もう一度書きますが、「大丈夫」というのは、今まで通り変わらないということではなくて、大変な思いをするかもしれない、悲しいこともあるかもしれない、痛みを伴うかもしれないけれど、その後の未来は明るいということです。

この言葉は、なんの根拠もなく楽観的に聞こえるかもしれません。もしくはちょっと怖いと感じる人もいるかもしれません。

私自身いつも考えていることと同様のことを発信力のある著名な方も発信をしていたので、やっぱり間違っていなかったんだ!(正解とか間違いとかも本当はないんですけどね。)と思い、今日はこのことを記事にしました。

もちろん具体的な方法も必要だとは思いますが、どういう気持ちでいるかという、マインドの部分が一番大事なんです。世界の仕組みは壊れて行くだろうけど、同時にあなたが壊れてしまわないように。

世の中が予想しているように多分大変な時期はこれからなんだと思います。私たち自身もどんな変化が起こってくるかは分かりませんが、もし一人悩んでいる方、不安を抱えている方がいたら、少しでも安心してくれるといいなと思っています。

ライフシフトして素晴らしい未来へ進んでいきましょう!

LINEお友だち追加ボタン
YouTubeチャンネル登録ボタン