camera 2018年4月19日

一眼レフカメラEOS80Dとミラーレス一眼EOSKissMでできること

昨日の記事でEOS Kiss MのCMソングが新しい地図のメンバー・草薙くんと香取くんのユニットでリリースしたと書いてありましたが、僕もとても嬉しかったです。

新しい地図のスタートは当時落ち込んでいた僕をすごく励ましてもらったから。 勝手に重ね合わせたりしていますが、EOS Kiss Mもなんだか偶然にも重なり合ったと思っちゃったのでこのままEOSシリーズと一緒に過ごしていこうかと考えました。(ちょっぴりガジェット系の話でもあります。)

前回三脚とストラップの話を何回もしてしまいましたが、)今回お話しようとおもっているのがちょっと似たような話でカメラの使い勝手のことです。

僕はEOS80Dを持っているのですが、EOS Kiss Mも時々使ったりします。デザインの仕事を二人でしているのと、自分たちでお店やウェブサイトを発信しているのでアウトプットの手段として写真というものが本当に必要になってくるのです。EOS80Dだけでなんとかやりくりしていたのですが、まわりきらなくなってきた矢先にEOS Kiss Mの発売を聞いて、彼女のエントリーモデルとしてちょうど良かったのと、お値段も他の一眼に比べて安かったことと(それでもカメラはお高いですが…)、あと前々から気になっていたミラーレス一眼のファインダー付きのカメラだったということで2台目として購入しました。

これからカメラを始めようと考えている人に参考までに…

僕もまだ本格的にやりはじめて半年もたっていないので、偉そうには言えませんが初心者だからこそ似たような悩みがあるかもしれないのでちょっぴり自分たちの環境をお話します。

簡単なスナップくらいを考えている人はコンデジやミラーレスあたりを気軽にとる感じでいいと思いますが、お店をやってたり、仕事で使ったりとプロではないけど写真を仕事に使ったりする人や、カメラが好きで結構本気でやっていきたいなーとおもっている人もいっぱいいると思います。僕らは仕事でも使うし、カメラも楽しいし、若干プロに近いこともやっていかないといけないという状況なので、ちょっと必要になってくるものが多かったりします。そんな時にいったいどのカメラを選んでいけばいいのかって僕らも本当に悩みました。 なぜなら、カメラグッズはとってもお高いから。汗

僕がEOS80Dの購入を決めた理由はお値段の割に性能がいいことと、動画に強かったということが大きな理由です。もしかしたら写真をプロのようにやっていくこともあるかもと想定していたのでキヤノンかニコンかなぁとも考えていました。(最近はSONYがすごいですよね!)

ということでEOS80Dを購入して、今現在とても満足しています。で、奥さんの方の仕事でもちょっと写真を撮る機会が増えてきたので、EOS80Dのサブ機としても十分使える、いやスペックだけだったらむしろ上回るEOS Kiss Mを2台目として購入しました。この体制でスチール撮影×ムービー撮影ができたり、2カメ体制でいろいろ撮影もできたりととてもいい環境になってきました。 で、最近ピークデザインのストラップを購入して、カメラ周りをシンプルにしていくことの良さを痛感しまして(例えばカメラごとに機材が変わったりするとめんどくさいですよね!)、EOS80DとEOS Kiss Mで環境をなるべく揃えちゃおうと思案中です!

カメラを始めてみて分かったのですが、揃えなきゃいけないものがいろいろあって、それも規格がバラバラで悩んでしまうことがあります。

簡単に言うと僕の使っているカメラでどのレンズも使えるかというとそういうものではありません。基本的にキヤノン用のレンズでないと無理です。じゃあキヤノンのレンズだったら全部使えるのかというとそうでもないのです。フルサイズ用だったり、ミラーレス用だったりと使えるレンズばかりではありません。同様のことがストロボだったり、三脚だったりとおこってきます。よく沼にはまるという言葉がありますが、カメラ関係ではいろんなところで沼にはまっている人がいます。笑

カメラに多くの投資をできる人はいいかも知れませんが、ほとんどの人はそんなことないですよね!僕らもおんなじでなるべく上手に使い分けていかなければいけません。ということでEOS80DとEOS Kiss Mでは共有できることがいろいろあるのです。といってもまず一番大事なレンズの規格が違うんですが…、これはこのマウントアダプターを使うことでEOS80Dで使っているレンズを使えます。(ミラーレス用のレンズをEOS80Dで使用する機会はあんまりないと思います。)

○レンズマウントアダプター

Amazonはこちらから

楽天はこちらから 

 

EOS80DとEOS Kiss Mはおなじメーカーと同じAPS-Cという大きさのセンサーを使っているので同じ規格のものを共有で使えます。

APS-Cのカメラを選択したのはフルサイズよりも多少性能は落ちますが、かなりのレベルのものを撮影できるのでほとんど困ることはないと思ったからです。あとカメラもレンズも安いからです。フルサイズのカメラはとてもいいのですが、重たかったりすると三脚もしっかりしたものを用意しなきゃなので、それも高い!レンズも普通に10万くらいしたりする。そんなの簡単には買えない!もちろんAPS-Cのものでも簡単には買えませんが、どれも半分くらいでなんとかなります。なるべく身軽にしていっぱい写真やムービーをとっていこうと考えているので、EOS80DとEOS Kiss Mの組み合わせがちょうどいいなぁと感じている今日この頃です。何よりも一番いいことは、自分がどんな写真をとりたいか、どんな映像をつくりたいか、そしてどんな風にやっていきたいかを決めることかなと思います。僕自身がこんな風にしたいなぁと思った映像があります。濱田さんのストロボのムービーですが、こんな写真やこんな映像を撮って地元をかっこよく発信していきたいなぁと思ってます。

プロではないけど、割としっかりと写真をやっていきたい人はAPS-Cあたりのエントリー機や中級機の組み合わせでマウントを共通にしたり、ストラップや三脚まわりも極力シンプルな環境にしていくことはお財布にも優しくて、とてもいいことなんじゃないかと感じてます。これからカメラを始めようとする人たちの少しでも参考になれればと今後もレビューしていきたいと思いまーす!

そして、新しい地図も今後も応援していきまーす!!みなさん楽しいカメラライフを!!

○キャノンEOS 80D

Amazonはこちらから

楽天はこちらから

 

キヤノン EOS Kiss M 

Amazonはこちらから

楽天はこちらから

LINEお友だち追加ボタン
YouTubeチャンネル登録ボタン